LOG IN

風呂そうじ口上

——長い柄のついているものがよろしい。柄が短いのはだめです。 短ければ、自分がびちょびちょになるだけ。 柄の先端に、100円ショップで売っているスポンジを付けます。 これはですね、もとはスポンジが付いていたのですけどね、くっ付かなくなってしまったので、 こうやって輪ゴムでくくり付けて使います。 洗剤は使いません。浴槽の湯を残してまた風呂の湯と

大阪の下町をぬくめる、金殿ドーム

――東大阪『金殿ドーム』が、2018年3月いっぱいで暖簾をおろすという話が耳に入ってきました。 2016年10月に取材に行き執筆したものの、とある事情でお蔵入りしてしまった記事を、 取材相手の森山勝心さんに許可をいただき、 ここに掲載することにします――。 *** 「ゆ」の暖簾をくぐるとそこは…… 「こんばんは」 おそるおそる声をかけて浴場に入ると、先客

ともしび

目を覚ますと、闇だった。 ひどく寒い。 ……! はっとして、囲炉裏に目を向けた。 「……まだ火がある!」 闇のなかに手をのばし、薪を探した。 が、近くにはないようだ。寒い身体をふるいたたせて土間まで行く。 懐中電灯やスマホのライトは使わなかったので、防火用のアルミのバケツを派手に蹴とばした。しまった、家族が起きてしまう! ……幸い、誰も起きて

考え方を考える

昨年のいつごろからだったか、『まち暮らし不動産』という、およそ不動産屋さんらしくない不動産屋の、週に一度の“作戦会ギ”に参加している。 「まちに暮らす」とか「共に住まう」ということを、真剣に考えている人たちで……なんて説明をしようとすればするほど、この人たちは遠ざかってしまうような気がする。 ただ、はっきりしているのは、この人たちとの

柿渋染めの黒いシャツ

お湯の温度に気をつかって、緑茶を入れる。 「そうだよ、この味」 外は曇っている。もうすこし日が出てほしいものだ。旅先で活躍した衣類が軒先の竹竿で踊っている。緑茶の入る湯呑みで冷えた手をあたためながら一口。 *** 深い黒に染まったシャツ。白く光る貝ボタンが多めについたこのシャツにくぎづけになったのは、東京・末広町のギャラリーでのこと。 高