LOG IN

ご褒美

スマホを見ずに電車の中でぼーっとする。 地下鉄だから外の景色も見ずに、ただぼーっとする。「その靴、どこで買ったんですか?」 隣に座っていた女性から声をかけられた。 この日わたしは、指先が割れた足袋風の白いスリッポンを履いていた。 まってました! とばかりに、六本木の美術館のショップで求めたこと、値段はそんなに高くなかったことなどを告げる。

腕をふって歩く

駅前にある時計屋に行ってみよう。動きを止めた腕時計を診てもらうのだ。 明日からしばらく出かけるのだが、今日中に治るだろうか? 治らなかったら、電車に乗って隣町まで行こうか。 ランチは駅前のイタリアンでと決めていたけれど、もしできなかった場合は隣町の喫茶店にするか。 そもそも時計屋でうまく立ちふる舞えるだろうか……。 いろーんな心配事とそれ

100文字日記②

台所で音がする。音の正体は、15分前に研いだ米だった。浸水のためにつけておいたボールからプツプツプツ……。米がふくらんではじけたような音がする。このささやかな主張に気づいたとき、心が晴れた。よし!(98文字)団地の高層階に住んでいる。風が通るので窓をあけるが、網戸がない。昨年は、虫や鳥が入ってきたらどうしようと怯んでいたが、入って

煮っころがす

ひさびさに台所に立った。 冷蔵庫の野菜室から、しなびかけたスナップエンドウと新じゃがを取り出す。 スナップエンドウの筋をとるのは気持ちいい。しなびかけてはいるものの、すーっといく。 じゃがいもは、友人に教わった煮っころがしにする。友人のユニークなレシピを見ながら作るのが楽しくて、おじゃがが手に入ればこればかり作っている。 洗って切ったじ

100文字日記

大切なプロジェクトの名前を、約1か月の話し合いを経て決める。6人のメンバーの多数決ならぬ、多様決で。賛否両論あってこそと議論を深めた。関わる人たちが愛着を育むことのできる名前になりますように。(96文字)本日はなにもかもボイコット! という日に、ウーバーイーツにお世話になる。ひどい格好なので、玄関に品物を置いてもらう。扉を開けると、